イライラとストレスの関係ってどうなっているの

ストレスがたまると、どうしてもイラついてしまいますよね。
でもどうしてそうなってしまうのでしょうか。
この関係を知らないという人は結構多いと思います。

それにストレスというと、人間関係や将来への不安、長時間労働といったことが思い浮かぶかもしれませんが、ほかにストレスをためる事ってないのでしょうか。
そこで今回はイライラとストレスの関係と、ストレスの原因について考えてみましょう。

ストレスは自律神経のバランスを崩す

自律神経は意識せずに働く体の機能をコントロールするものです。
例えば心臓を動かしたり、胃を動かしたり、そういったことは全て自律神経が担っています。
自律神経には交感神経と副交感神経があり、この2つがバランスよく働くようになっているのですが、ストレスと受けると交感神経の方が過剰に働いて、バランスを崩してしまいます。

先ほど述べた通り自律神経は体の機能をコントロールしていますから、バランスを崩すと体調不良になりますよね。
加えて、心の方にも影響を及ぼします。そのため、イライラしてしまうのです。
頭痛の時などに、気が立ってしまう人も多いのではないでしょうか。

もしも度が過ぎてしまった場合、うつ病などになることもありますから、ストレスのため過ぎには注意するようにしましょう。

こんな事でもストレスは溜まっていくの?

ストレスをためないようにと言われても、ストレスの原因がわからない事にはどうしようもないですよね。
人間関係であったり、長時間の労働であったりといった場合には、すぐに気が付くこともできると思いますが、中には気が付きにくい原因というものもあります。
例えば、季節の変わり目による気温の変化や骨盤のゆがみというものでもストレスは溜まっていきます。

大きな勘違いとして、ストレスがマイナスなものだけだというものがありますが、ストレスとは刺激が加わることによる反応ですから、なんてない事であってもストレスを感じています。
例えばスマホやパソコンを使いすぎたり、食事の時間がバラバラであったり、生活のリズムがバラバラであったり、外食や感触が多かったりと、ストレスフリーだと思っていてもこういったことがあれば、ストレスが溜まっている可能性はあります。