女性特有のイライラPMSとは

女性であれば程度の差はあっても、PMS(月経前症候群)を経験していることでしょう。生理が始まる少し前に心身ともに不調になるというもので、男性には難しい部分かもしれません。
女性自身、この時のイライラは自分の性格が悪いせいだ、と勘違いしている人もいるくらいです。

そこで今回はPMSについて簡単にお話したいと思います。
男性であっても、頭に入れておいた方が良いでしょう。

PMSの原因はホルモンバランスの崩れにある?

実はPMSの原因ははっきりしていないのだそうです。しかし、有力な意見としてはホルモンバランスの崩れがあげられます。
女性の場合、「エストロゲン」と「プロゲステロン」という2つの女性ホルモンを持っていて、一定の周期で増減を繰り返しています。

排卵期にはエストロゲンの分泌が増し、排卵期と生理の間である黄体期になるとプロゲステロンの量が増えます。
このホルモンの変動の波がPMSの発症に関係しているわけです。
特にエストロゲンは自律神経のバランスを整える働きもありますから、少なくなればイライラしやすくなると考えていいでしょう。

実際加齢によりエストロゲンが減少することで、更年期障害になります。
PMSはホルモンの変動、更年期障害はホルモンの減少が原因とされ、違う部分もありますが、症状はよく似ています。
どちらにしても、ホルモンが関わって精神的不安になるのです。

PMSに対してどのような対策が考えられるのか

はじめに自分がPMSかどうかを知る必要があります。生理周期とイライラが現れる時期とを見比べて、生理前に精神的に不安定になるのであればPMSと言えるでしょう。
専用のアプリなどを利用すれば、PMSの時期の予想もできますから活用してみてください。
時期がわかったら、その時に無理をしないように心がけましょう。

無理をするとPMSの症状が大きくなる恐れがあります。
フルタイムで働いている場合、自分の裁量で出来る事は少ないかもしれませんが、仕事をするペースをゆっくりにするなど、出来る事はやってみてください。
どうしてもイライラを我慢できない時には、病院で診てもらうのもいいかと思います。

PMSは症状が出たらどうしようもないものではなく、定量ピルなどを使うことで、ホルモンの変動を抑え症状を緩和してくれます。