男性特有のイライラ?男性更年期障害について

世の中にはなぜか男性にしか起こり得ない、女性にしか起こり得ないと誤解されるものが結構あります。そのためそうでないことがわかると「逆○○」と、さも特別な事のように表現しますが、更年期障害もその1つではないでしょうか。
40代50代の男性が急に怒りっぽくなったところを見たことがある人もいるでしょう。

昇進や昇格で立場が変わったことによるストレスもあるかもしれませんが、更年期障害という可能性もあります。

男性にも起こる得る更年期障害の危険性

一般に女性ホルモンの一種であるエストロゲンが減少することで、ホルモンバランスが乱れ身体的や精神的に不調を訴えることが更年期障害です。
しかし加齢によるホルモンバランスの崩れは、女性に限ったことではありません。
男性であっても、年齢とともに男性ホルモンが減少し、イライラしてしまうことがあります。

男性ホルモンの減少は30代から始まると言われていますから、早い人だとその年代からイライラする人もいます。
その対処方法としては、男性ホルモンを増やすのが手っ取り早いでしょう。
男性ホルモンを増やそうと思ったら、運動する事が大事です。

運動をして筋肉の量を増やすことで、男性ホルモンの分泌も増えます。
またストレスをためない事や、睡眠をしっかりとる事も大事でしょう。
どうしても時間がない、続けられないというときには、男性ホルモンを増やすサプリメントなどもあるようです。

食事の面から男性ホルモンを増やしてみる

更年期障害のイライラを防止するために、日々の食事に気を使うのもいいでしょう。
男性ホルモンであるテストステロンを増やしてくれる、食材というのは結構身近にありますから、意識して食事に盛り込めば更年期障害の防止につながります。
その食べ物はにんにく、玉ねぎ、長ネギといったネギ類です。

特に玉ねぎは効果が高いらしく、1日当たり玉ねぎを半分食べると予防になるのだと言います。
他にも、亜鉛やタンパク質をとる事が大事になります。
逆に食べるのを控えるべきなのは、脂肪です。

脂肪はテストステロンを減らしてしまうらしく、肥満になるとその分泌量が少ない傾向があります。
またテストステロンは睡眠中に分泌されるため、睡眠の質を悪くしてしまうお酒も悪影響があるそうです。